2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
コロン お空の上で13歳のお誕生日
2007年02月20日(火)
今日は、コロンの13歳のお誕生日です。
私からの「おめでとう」がお空のコロンに届きますように!
音量をONにして「すたーと」をクリック「HAPPYHAPPY BIRTHDAY
(┰_┰) ウルル覚悟の方は、こちらも音量ONで「start」をクリック
ふわふわのくに
私も強く願うから、コロンちゃん生まれ変わっても、またうちの子になってね。
(T人T)


コロンの幼少時代の誕生日の日の写真です。
小さい頃って涙やけしてたコロンです。(TωT)
coron764.jpg

コロンの小さい頃の誕生日祝いで、私が作ってたのってこんなもんでした。
coron756.jpg


これは10歳の時の ちょっと頑張りました。
bd-e.jpg


10歳って、一つの区切りの年のような気がするし
6歳の時に病気が発覚して涙ながらに「コロンは長生きできないんですか?」の
問いに先生は言い辛そうに「そうですねぇ 長生き出来ないことが多いですねぇ。。。」とおっしゃいました。
一瞬 目の前が真っ暗になってしまったけど、その時は「とにかく10歳を
目標に頑張ろう」って胸に誓い頑張ってきました。
なので、尚更10歳の誕生日が嬉しかったのです。
はっぴー♪♪♪♪ (ノ^^)乂(^^ )ノ♪♪♪♪はっぴー♪
そして、コロン10歳の誕生日月の診察の時に先生がカルテを見ながら
「おっ コロンちゃん今月で10歳やなぁ よう頑張ってきたなぁ
あと10年目指して頑張ろうやぁ」とコロンの目線で撫でながら
コロンにかけて下さった言葉を、私は決して忘れません


先日「今頃かよ」って感じですが(^^;)ようやくコロンの先生の所に
今までのお礼とご挨拶に行ってきました。
亡くなった時に「また改めてご挨拶に来ます」と言ったきりだったのですが
何となく病院に行くと、また辛かった気持ちがフラッシュバックしそうで
遠のいてしまっていたのです。(+_+)
話しながら少し(┰_┰) ウルルしてしまったけど、行けてよかったです。
先生にいつか見せようと思っていた「コロンぐるみ」も連れていって見せると
先生は「うわぁ コロンちゃんコロンちゃんに似てる~」と目を輝かせて
喜んでくださいました。
看護婦さんも喜んでくれたけど、先生が1番喜んでたかも(*^m^*)
そしてご自身の愛犬サラちゃん(ゴールデン)も14歳になるので
こうして形に残せるものを残したいと、先生も頑張ってサラちゃんの抜け毛を
お集めになるそうです。(*^▽^*)


それで何故、先生にコロンぐるみを見せたかったかというと
6歳の秋に初めて、先生の所に入院治療して
↓この写真は、もうすぐ入院とも知らず公園で嬉しそうなコロン6歳の秋
coron765.jpg


入院中1週間の集中投薬後 予定数値まで下がり無事に退院
2~3週間経った頃から、毛が抜け落ちていた部分の皮膚が再生され
毛も除々に増え始める
しかしながら、まだ薄毛なのでこの年の冬 コロン初めてのお洋服体験
coron766.jpg


coron767.jpg


そして1年後の秋には、体系もぽっちゃりして(^^;)
随分と被毛が増えました。
coron768.jpg

ぽっちゃりだって、軽快に走れるのよ~∪*'‐'*∪ウフフフ♪
coron771.jpg

コロンは写ってないけど、宮殿のお庭みたいな所でお姫様気分で走れたわ~
無料で入れる公園なのに、設備が豪華で、さすが神戸わんね~
でも 誰もいないなんてもったいない気もするわんね εU´~`U
coron772.jpg


秋の
coron769.jpg


そして、この頃「わんこの抜け毛であみぐるみ」を知り、早速メールで
予約依頼してから、ブラッシング時の抜け毛を集めること8ヶ月
抜け毛をお送りしてから、1ヶ月後に超可愛い姿に変身して帰ってきました。
コロンぐるみが我が家に来て、数日後トリミングに行ったコロンと2ショット
コロン8歳の夏
coron770.jpg


もし あのまま先生とのご縁なく 病院を転々としてるうちにコロンの被毛が
みるみる抜け落ちていたら、あのタイミングでコロンぐるみの完成は
なかったと思いますし、コロンの寿命はもっと短かったかもしれません
なので、このことについても、お礼を言っておきたかったのです。(^-^)
先生もサラちゃんの抜け毛集め
そして、世のクッシング症候群の子達のため 
これからも頑張ってくださ~い。く( ̄△ ̄)ノ
蔭ながら応援しています。(*^-^*)


最後に、HappyBirthday to 愛しのコロンたん
coron774.jpg

【編集】 00:00 |  お星様コロン  | CM(11) | Top↑
自問自答
2007年02月17日(土)
先日の番組の中で、動物と話せる「アニマルコミュニケーター」さんに
飼い犬のことで相談するコーナーがあったのですが、今回の相談主の
愛犬ミルちゃんが全く食事に興味を示さないどころか嫌ってハウスの中に
逃げてしまうとのこと
一時は衰弱して点滴通いしたこともあるそうで(/_;)
心配した飼い主さんが、あの手この手で努力されていました。
そして「何故こんなにも食事を嫌がるのか?」」
「こんなに嫌がっているのに、このままでいいのか?」と何度も自問自答を
繰り返してこられたそうで、涙ながらの相談でした。


アニマルコミュニケーターさんが、いくらミルちゃんに意識を集中させても
「この子からはごはんのイメージが全く伝わってこない・・・
もしかしたら、生まれつき味覚がないのかもしれない。。。」という返答でした。
でも「この子は、あなたのことがとても大好きよ」とおっしゃい
その言葉に飼い主さんは、更に涙を流されていて、それならば食事以外に
ミルの楽しいことを見つけます」とおっしゃっていました。
私にも、この飼い主さんの気持ちがわかり過ぎるほどに理解でき
テレビを見ながら飼い主さん同様涙が止まりませんでした。
(┰_┰) ウルルルルル


コロンのご飯は手作り食で、一昨年までは何の苦労もないほどに
食欲満点な子でしたが、昨年はコロンの身体に長年の治療や薬で色んなことが
重なったのでしょう 本当に食事には苦労しました。
それに加え1日2回 1回につき3~4種類の薬を一つづつ私の指で喉の奥に
突っ込みゴクンとさせてから、喉を擦って褒めてやっていました。
コロンは薬を呑むのは嫌だけど、私が自分にためにしてくれているんだと
理解しているようで、決して噛んだり指に歯を当てることもしませんでした。
他にも、コロンのことを想ってしてきたこと
でも 嫌がっているのに本当にこれでいいのか?と何度自問自答を
繰り返してきたことでしょう
コロンには何一つ辛い思いなどさせたくないのに
いつもニコニコしていられることだけ、経験させてあげたいのに。。。


亡くなる前の最後の1週間は、全く食事を受け付けず栄養補給と身体のだるさを
とるために、嫌がるのを承知で皮下点滴に通っていました。
そしてコロンが亡くなってしまい「こんなことなら、嫌がるのに点滴になんか
通わんかったらよかった。1週間ずっと私が抱いて撫で続けていてやればよかった」と泣く私に、コロンパパが「行かんかったら行かんかったで後悔してる」と言いました。
そしてコロンの先生は泣いている私に
「コロンちゃんは、この病気にしては驚異的な頑張りを見せてくれました。
それはきっと飼い主さんが頑張っているからコロンちゃんも頑張れたのでしょう
最後の1週間は、特に一身に飼い主さんの愛情を感じていたことでしょう」と
私を慰めてくださいました。
そして「犬は自分の死ぬ時期も場所も自分で選ぶものなんですよ」と
おっしゃいました。
だとしたら「コロンは私と一緒の時に私の腕の中」を選んでくれたのかと
泣きながらも最後は、今までのお礼も頑張ってきたことを褒めて撫でて
やることもでき、コロンへの感謝の気持ちと、最後の最後まで本当に
いい子過ぎのコロンに涙が止まりませんでした。
もし 私のいない所で寂しい最後を送らせていたら、きっと私は気が狂ったようになっていたかもしれません


話が暗くなってしまったので、明るめの画像を
これもblog始めてから撮った写真だけど、未公開のはず?
coron762.jpg


私に抱っこされて、赤ちゃんみたいなコロンです。
coron763.jpg

【編集】 09:33 |  お星様コロン  | CM(2) | Top↑
待ちに待った!
2007年02月15日(木)
「ひゃほ~♪ウニファミリー」の第4巻が発売されたので
早速本屋さんに走り、Get!
表紙のにんちゃん 可愛い~大好き
家まで待ちきれず車の中でもチラ見して(笑)家に帰るなり読破しました。
普段から「ウニファミリー」のファンだけど、
楽しめ癒され、改めてワンコはいいなぁと思いました。
coron761.jpg


コロン3歳の頃
おやつ見せられて
coron758.jpg

クンクンクン
coron759.jpg

そしてタッチ ふう太君もびっくりの2足立ち
coron760.jpg

【編集】 17:28 |  お星様コロン  | CM(4) | Top↑
四十九日
2007年02月11日(日)
今日はコロンの「四十九日」です。
最近の私は、コロンの霊前に供えているお花と食べ物のお供えものを
「次は何を買おうかな?」と考えるのが密かな楽しみ♪になっています。(^^;)
我が家は小型犬のコロン1匹だけだったけど、かなりワンゲル係数が高かったので(汗)
これくらい安いものです。(笑)
それに今は、これくらいのことしかしてあげられないので
生前のコロンに相応しく、いつも華やかにしていてあげたいのです。(*'‐'*)

今日買ってきたばかりだから、まだ蕾ちゃん
coron751.jpg

は最近お気に入り♪の「シェフナカギリ
自分が食べたかったから、買いに行ったとも言う。。。"r(^^;) coron752.jpg

超美味しくて芸術作品のようなケーキばかりだけど、お値段はリーズナブルで
有り難いです。
でも平日でもお客さんは常時いっぱいで、今日のような日曜日に行くと
20台くらい停めれる駐車場も満車状態で、店員さんに注文を聞いてほしくても
モジモジしてると順番がまわって来るのが「いつのこっちゃ~わかりません」(笑)
は、生ものなので10分くらい供えて「コロン もう食べた?」と聞いて(^^;)
私のお腹の中へ∪- ェ -;∪
コロンちゃん あとはクッキーとを召し上がれ♪(^▽^;)
coron753.jpg


コロンの写真もないと寂しいので、blog始めてから撮った写真だけど
たぶん未公開の写真です。
coron754.jpg

coron755.jpg

【編集】 20:08 |  お星様コロン  | CM(5) | Top↑
コロンが私に与えてくれたもの
2007年02月10日(土)
コロンは臆病な面もあったけど、好奇心旺盛な面もあり外の世界が好きでした。
車でドライブ 初めての公園での散歩 見たことのない景色 
特にドッグカフェへ行き始めてからは便利さもあり
カフェでおやつ食べて チヤホヤされて コロン自身すごく楽しんでいたみたいだし
何処に連れていってもお利口さんにしてくれていたので、コロンの行動範囲が広がりました。
でも外では私に抱っこしてもらったり、膝に座らせてもらっているのも好きでした。(*^m^*)

チューリップがキレイわんね~
coron745.jpg

抱っこしてもらって、コロンスマイル~oU*^▽^*Uo
coron746.jpg

ショッピングモールで、私が買い物してる間 
パパと2人で、散歩したりベンチで休憩して待ってもらっていても
文句一つ言わずご機嫌さんで助かりました。ε-(´▽`)
coron747.jpg


コロンの世界が広がるとともに、コロンのお陰で私の世界も広がりました。
コロンと一緒にいるだけで、見知らぬ人に声をかけられたりして
少々ですが社交的にもなれました?(^^;)
カフェでたまたまその場に居合わせた人達とでも、わんこが一緒だと
話が弾んだりして「じゃあ 記念撮影でも」なんてことが、何度かありました。(笑)
わんこが繋げる不思議な縁と心温まるエピソード多々あり

お互い 自分のママの方見て可愛いね~(*^v^*)
coron750.jpg


そうそう 私が外でコロンの写真を撮っているとアマチュア?のカメラマンさんに
「ちゃんとポーズとって、お利口さんやな~」と言われながらカメラマンさんも
コロンを撮っていたことは頻繁にありましたが「私もこのわんちゃんと
記念写真撮りたい」ってお願いされたことも何度かありました。(笑)
(殆どオバ様ですが(^m^;)
小さなお子ちゃまがコロンに近づいてきてホームビデオにも撮られたこともあったわんね。
そのお宅で「○○ちゃんとわんちゃん」というタイトルでビデオに残ってるかな?(^▽^;)

それからコロンは、高いところから見下ろす景色を眺めるのも好きでした。
ゴンドラに乗って標高3000mへ
コロン ガン見しています。(笑)
coron748.jpg

外の世界は楽しいわんね~
coron749.jpg


コロンがいなかったら、なかったであろう幸せな時間
気付くことがなかったであろう感情思想 季節の移り変わりの情緒
行くことがなかったであろう場所 出会うことさえなかったであろうお友達
皆皆、コロンが私に与えてくれた大切なことや人々です。(*^-^*)
人の言葉ですが、私にとって、コロンは小さな身体で大きな存在でした。
そして、その小さな身体から大きなパワーを持ち合わせた子でした。

【編集】 23:24 |  お星様コロン  | CM(2) | Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。